気になる基礎知識

カウンセリング

効果や利用する目的を考える

美容整形外科などで、ほくろ除去をしてくれるところが増えました。レーザーなどを利用して、比較的簡単にほくろ除去をすることができるからです。そこで、ほくろ除去をする場合どのような効果があるかを見ておきましょう。まず、レーザーを当てる場合ですが、基本的に細胞を熱して死滅させるのが大きなポイントになります。それゆえ、レーザーを当てた場合にはその部分からほくろが再発することはまずありません。ただ、あまり大きいものだと根元まで熱が届かないため、もう一度できてしまう可能性があります。一般的な美容整形外科の基準としては、ほくろの直径が5ミリ以上の場合にはレーザーを使わない方がよいとされています。経験則上、それぐらいの大きさに再発する恐れがあるため、それ以下の場合にレーザーを用いるのが基本になります。ある程度の大きさになると、メスを使って根元から切り取るやり方が基本になるでしょう。このやり方は、随分と昔から利用されている方法ですので、すでにやり方が確立されており、たいていどの美容整形外科でも行ってくれます。効果は、痛みが伴わず適切に処理ができる点です。悪性のものも除去することができるため、非常にメリットがあるといえるでしょう。レーザーの場合と異なり、何回もレーザーを照射するのではなく一回除去すればほぼ次に発生することはありません。ただ、しばらくの間除去した部分にテープを貼っておかなければならないことも理解しておく必要があります。これは取り外すと、傷口が盛り上がる可能性がありますので、そのままにしておきましょう。

ほくろ除去をする場合には、美容整形外科やクリニックなどを利用する人が多いです。このとき利用する目的は、確実にきれいに仕上げてくれるからです。中には、お金がかかるので自分でほくろを除去しようとする人も少なくありません。ですが、自分でほくろの除去をしても、そもそも麻酔を使わない状態ですので痛みが伴うことは否定できないでしょう。それだけでなく、完全に除去できるかどうかはわかりません。結局根元からとらないといけませんので、自分で行うには限界があります。そこで、美容整形外科やクリニックを利用する理由は、確実にそして痛みを避けて除去することができることです。痛みに関して気になるところですが、麻酔を打つためほぼ痛みがないといってよいでしょう。麻酔は、昔の注射に比べて針が細くなっている傾向があります。痛みを避けることにこだわっている美容整形外科などでは、かなり細い注射針を使っていることが多いです。蚊に刺される時と同じぐらいの刺激しかないものもありますので、痛みに対して恐怖心を持っている人は、ぜひ極細の針を利用しているところを選ぶのがよいといえます。後は、アフターフォローがしっかりしていることです。自分で行うとなると、痛みが伴うだけでなくばい菌が入ってしまいそこが化膿してしまう可能性も否定できません。ですが、クリニックや美容整形以下でほくろの除去を行えば、まずそのようなことはありません。仮に副作用があったとしても十分にアフターフォローがされていますので安心です。このような理由から、積極的に美容整形外科やクリニックを利用してみると良いでしょう。

Copyright© 2019 お肌のトラブルを良い状態にできる治療の利用方法 All Rights Reserved.