治療する前に確認

女性

特徴やアドバイス

顔に大きなほくろなどがある場合には、それを気にしている人は少なくないでしょう。あるいは、たくさんのほくろがある場合も気にする人が多いです。このようなコンプレックスを抱えているまま生きているよりも、美容整形外科などに行き除去した方がよいといえます。この場合の特徴ですが、まず基本的には炭酸レーザーやメスなどを使って除去する方法があることを理解しておきましょう。レーザーの特徴ですが、皮膚の表面の部分にレーザーを当て、ほくろ除去していきます。レーザー自体は、メラニン色素に反応しやすいのが特徴です。メラニン色素とは、黒くなっている部分ですのでちょうどほくろの部分に反応するわけです。この時、メラニン色素が死滅するようになっており、これを何度か続けることで完全に除去することが可能になります。仕組みとしては、レーザーを充てた場合水分に反応するようになっています。つまり細胞は水分でできていますのでちょうど細胞が焼かれるような感じになると考えておけばよいでしょう。この処理方法は、非常に短時間でできることで知られています。小さなほくろの場合は10分以内に終わることがほとんどです。それだけではなく、出血などもほとんどないのが特徴になります。一方で、ある程度大きなものの場合には、レーザーを使うよりもメスを入れた方がよいといえます。メスを入れると、血が出るイメージがありますが最近は電子メスなどが利用されているためそれほど血液が出ることはありません。電子メスは、血液を固める役割があるからです。

初心者がこれからほくろを除去する場合に理解しておきたいことの一つは、まず施術する前の段階で体調を整えておくことです。体調が悪い段階で手術をすると体に何らかの問題が発生する可能性があるでしょう。風邪をひいている程度ならば問題ありませんが、高熱が出ている場合やインフルエンザにかかっている場合などは、施術をすることは基本的にできません。まずはしっかり体調を整えてか除去するようにしましょう。次に、飲酒などをした後には可能な限り美容整形外科やクリニックに行くのはやめた方がよいです。お酒好きの人がいるのもわかりますが、施術したその日は可能な限りお酒を飲まないことです。これは、施術前もそのあとでも同じになります。基本的にお酒を飲むことで、血液の流れが速くなってしまいますので、血が出やすくなる傾向があるでしょう。そのようなことを考えても、その日1日だけは我慢をして翌日から手術をした方がよいといえます。それ以外には、治療した部分に関してはテープを貼ることが普通になるでしょう。これは、単に傷口を目立たせないようにする役割がありますが実はそれだけではありません。ほくろを除去した部分は皮膚が元に戻ろうとするとき、肌がほかの部分に比べて出っ張ってしまうことがあります。これを防ぐために、特殊なテープを貼り付けていると考えてよいでしょう。もしはがしてしまった場合には、その部分だけで使ってしまう可能性があり再び手術をしなければならないことも考えられます。余計にお金がかかってしまうため、避けなければならないところです。

Copyright© 2019 お肌のトラブルを良い状態にできる治療の利用方法 All Rights Reserved.